各社格安スマホ速度検証まとめ

DMM mobile速度検証

Nifmo速度検証

U-mobile速度検証

楽天モバイル速度検証

格安SIMランキング

格安SIM比較

格安「SIM」って何?

結局どれが安いの?

1GBってどの位?

タイプ別SIMカード比較

格安スマホ(SIM)一覧

各社の口コミ

スマートフォン機種別口コミ

最近の記事

もっとみる

白ロムとSIMフリー携帯の違い

白ロムとSIMフリーの違い

“SIMフリー”という端末があることは、広く知られてきました。自分の好みのキャリアを選ぶことができ、格安の通信費も夢ではなくなりました。そしてSIMフリー端末とともに聞くようになった言葉に白ロムもあるのではないでしょうか?では白ロムとSIMフリー携帯ではどのように違うのか考えてみましょう。

白ロムとは?

電話番号が入力されていない携帯電話のことです。今まで使っていた携帯電話で、電話番号やメールアドレスなどの情報が書かれているSIMカードが抜かれている状態の携帯電話のことです。

SIMフリー携帯とは?

今までのSIMカードはロックされた状態で、他キャリアのSIMカードを読み込めない状態にしてありました。しかしSIMフリー携帯とは、SIMのロックが解除されている携帯電話のことで、ほかのキャリアを選ぶことができるようになりました。

白ロムとSIMフリー携帯の違いとは?

SIMフリー携帯はキャリアを選ばない本体のことですので、どの会社のSIMでも受け付けるようにできています。これによってDMM mobileやOCNモバイルONE、U-mobileなどの格安SIM、格安スマホサービスを受けることができます。

一方、白ロムとはSIMカードを指していない本体ということです。ただSIMのロックが解除されているかどうかは別です。SIMロックがかかっている場合、別にSIMカードを差しても、動作しません。SIMをロックした会社の電波や回線しか受け付けないようになっていることもあります。この場合はドコモの白ロムスマホであればドコモで、auの白ロムスマホであればauでしか使えません。その代わりショップで修理の受付を頼めたりと利点もあります。

白ロムとSIMフリー携帯ではどちらがおすすめ?

まず価格重視派の方には、SIMフリー携帯がおすすめです。いわゆる格安スマホと言われているものですね。ただし日本製のSIMフリー携帯は、性能の割には購入価格が高くなっているために割高感があります。しかしながら月々の維持費がかなりカットできることから、割安になります。SIMフリー携帯を選ぶのであれば、海外製のものです。性能もいいですし、何よりも安いです。

次に性能、サービスなどを重視するのであれば白ロムがおすすめです。携帯電話自体の性能は良いですし、ショップなどで修理の受付を頼むことができます。またわからない操作などをショップにて教えてもらうことができます。白ロムは今までのようなキャリア依存型の使用となり、慣れている分安心感があります。

それぞれの特徴と違いをしっかりと知って、自分に合っているタイプを選びましょう。

2015年05月27日(水)

SIMカードランキングはこちら