各社格安スマホ速度検証まとめ

DMM mobile速度検証

Nifmo速度検証

U-mobile速度検証

楽天モバイル速度検証

格安SIMランキング

格安SIM比較

格安「SIM」って何?

結局どれが安いの?

1GBってどの位?

タイプ別SIMカード比較

格安スマホ(SIM)一覧

各社の口コミ

スマートフォン機種別口コミ

最近の記事

もっとみる

格安スマホはどこが安いのか!?

格安スマホはどこが安いのか?

今人気のSIMですが、今までの契約よりも価格が安くなるとして注目を集めていますね。ではいったいどこのキャリアが格安のプランを提供しているのでしょうか?さっそく調べてみましょう。

DMM mobile

すべてのプランを通してお得な価格で利用することができるのは、DMMmobileです。音声通話つきのプランもあり、自分の必要に合わせてプランを選ぶことができます。

音声通話つき、データ通信7GBのプランは、業界内でも最安値と言っていいほどお得な価格での利用ができます。

月々の利用料金は、1GB で660円(音声プラン+月800円)、7GB2280円(音声プラン+600円)です。初期費用3,000円、高速データ通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、通信規制は3日あたり366MBです。

BIGLOBE LTE

3G SIM データ容量を大幅増しつつあるBIGLOBE。

ほかの業者と比べてもとても価格帯が安く利用しやすいキャリアの一つです。エントリー ライトS ライトは2Gで月額900円と、とてもリーズナブルな価格でトライできます。 そのほかのスペックについては、初期費用3,000円、高速データ通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

通信規制3日あたり360MB となっています。音声通話可能プランをプラスするのであれば、月700円、通話料20円/30秒が別途必要となります。

IIJmio(みおふぉん)

ファミリーシェアプランなどのプランが豊富で、どのように使うかによって使い分けることができます。 SIMカードが3枚つくファミリープランは、家族で分けて持つこともできますし、端末ごとにカードを使い分けることもでいます。 2Gで月額900円、4Gで月額1520円で使用が可能です。 その他のスペックは、初期費用3,000円、高速データ通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

通信規制3日あたり366MB、音声通話可能プランは月700円、通話料20円/30秒が別途必要になります。

結局SIM どこが安い?

SIMのキャリアはそれぞれ料金体系が異なっており、また通信料によって 違ってきます。そのためにまずは自分がどのくらいの通信料を必要とするのか?また音声通話が必要なのか?ということをしっかりと確認しておく必要があります。また家族で契約した方が安いということもあります。さまざまな角度から検討したうえでどこの会社が一番お得に利用することができるのか?という点を決定していきましょう。

2015年07月21日(火)

SIMカードランキングはこちら