各社格安スマホ速度検証まとめ

DMM mobile速度検証

Nifmo速度検証

U-mobile速度検証

楽天モバイル速度検証

格安SIMランキング

格安SIM比較

格安「SIM」って何?

結局どれが安いの?

1GBってどの位?

タイプ別SIMカード比較

格安スマホ(SIM)一覧

各社の口コミ

スマートフォン機種別口コミ

最近の記事

もっとみる

故障してしまった時はどこに持って行けばいいの

故障してしまった時はどこに持って行けばいいの

格安スマホが普及するようになって、キャリアを自由に選べるという選択肢の面では有利になりました。だからこそ格安スマホの弱点とされている故障した時の対処法を知ってこそ、本当の意味で格安スマホを活用できるようになるといえます。

iphoneの格安スマホが故障した時には?

SIMフリーのiphoneはAppleストアから購入することになります。Appleストアでは“AppleCare+ for iPhone”という一括10,152円の保障サービスがあります。この保障サービスは、購入後1年間の本体保証、90日間の無償電話サポートを受けることができます。故障しても購入後2年以内であれば、1回あたり7,800円で最大2回まで修理を受けることができます。

iPhoneの購入から30日以内に加入することが条件となっているので、iphoneを購入する際にはしっかりと検討しておきたいですね。

格安スマホが故障したら修理を期待できる?

格安スマホや格安SIMによって、通信料などはリーズナブルなものになってきて、利用者にとって使いやすくなっています。でもやはり安いだけ、修理などのサポートは期待できないのが現実です。

そのために機種の修理には、メーカーを利用することになります。修理期間には電話が使えなくなることがほとんどで、保障がないのは不便です。格安スマホに関しては、ある程度自分で責任を持つ覚悟が必要になります。

格安スマホのキャリアの有料保証を利用する

キャリアによっては、スマホの保障制度を有料で提供しているところもあります。万が一のことを考えて、キャリアの保障サービスをオプションとしてつけることをおすすめします。有料と言っても月額にしてみると、そこまで高い価格にはならないので安心料として支払うことができるでしょう。

格安スマホが故障した時の対処方法のまとめ

格安スマホは利用料金が安い分、保障のサポートなどが手薄になってしまっています。そのために故障したときなどには、自分で修理をしてくれる場所を見つける必要が生じます。今までの携帯電話会社は実店舗があったために、すぐに対応してもらうことができましたが、メーカーに修理を頼むことになると郵送などで期間が多くかかってしまいます。

そのことをはじめから念頭に入れて、格安スマホの利用を始めましょう。

(格安スマホは料金が安い分、保障サービスなどが手薄になっている場合が多いのです。では格安スマホが故障してしまったときには、修理はどこに頼めばいいのか?など自己責任となる事柄が多くなるのを覚悟して、格安スマホの利用を始めましょう。)

2015年07月21日(火)

SIMカードランキングはこちら