各社格安スマホ速度検証まとめ

DMM mobile速度検証

Nifmo速度検証

U-mobile速度検証

楽天モバイル速度検証

格安SIMランキング

格安SIM比較

格安「SIM」って何?

結局どれが安いの?

1GBってどの位?

タイプ別SIMカード比較

格安スマホ(SIM)一覧

各社の口コミ

スマートフォン機種別口コミ

最近の記事

もっとみる

Huawei Ascend G620Sの詳細

発売日 2014/12/12
メーカー Huawei
機種名 Huawei Ascend G620S
対応周波数 LTE: B1/3/5/7/19
WCDMA: B1/5/8/19MHz
GSM: 850/900/1800/1900
OS Android™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 2.3
CPU Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
メモリ 1GB
容量 8GB
カメラ(背面/前面) 800万画素 / 200万画素AF
画面サイズ 5.0インチ
解像度 1280 × 720 IPS液晶
外寸 142.9 × 72.1 × 8.5mm
重さ 160g
バッテリー容量 2,000mAh (一体型)
待ち受け時間 300時間(LTE) / 360時間(W-CDMA) / 320時間(GSM)
連続通話時間 12.5時間(W-CDMA) / 12.5時間(GSM)
カラー ホワイト / ブラック
その他 テザリング : 対応
セット販売のあるMVNO DMM mobile

Ascrnd G620Sの特徴

低価格のスマホとして人気を集めているAscend G620S。安いだけではなく、基本的な操作はしっかりとできるAscend G620Sの特徴とスペックをしっかりと確認して、Ascend G620Sが自分のスマホの使い方にしっかりとあっているかどうかを購入前に知っておきたいですね。

低価格でもしっかりとした機能を持ち合わせているスマホであるAscrnd G620S。HD画面を搭載しているために、動画などをメインに楽しむ方も満足のいく動画視聴が可能です。シンプルなレイアウトで慣れやす質の良い安いスマホを求めている方にピッタリのスマホです。

2万円台というとてもリーズナブルな価格で購入できるスマホでありながらも、低価格なSIMフリースマホにありがちな低いスペックではなく、満足のいくネット環境になっています。LTE対応なので高速通信となり、ストレスフリーな動画視聴や音楽ダウンロードなどができます。Wi-Fi電波のアクセスポイントとなるテザリングも可能となっており、ネットワークに関しても高いスペックを誇っています。

基本的な操作などであれば問題なく使用することができ、安い機種ではありつつも快適にスマホを使うことができます。

Huawei Ascend G620Sの口コミ

バッテリーが2000mAhで少ないのかなと思っていましたが、よその口コミが良かったのでG620Sにしました。でもやっぱり減りがちょっと早い感じがします。それ以外は快適で不満もありません。あえていうのであれば、カメラを持ち歩くこともなくなってしまったので、スマートフォンのカメラがメインなので、カメラの画素数がもう少しあると嬉しかったです。余り使わないですが特にインカメラが・・・

40代 男性 会社員

SIMカードランキングはこちら