各社格安スマホ速度検証まとめ

DMM mobile速度検証

Nifmo速度検証

U-mobile速度検証

楽天モバイル速度検証

格安SIMランキング

格安SIM比較

格安「SIM」って何?

結局どれが安いの?

1GBってどの位?

タイプ別SIMカード比較

格安スマホ(SIM)一覧

各社の口コミ

スマートフォン機種別口コミ

最近の記事

もっとみる

Huawei Ascend Mate7の詳細

発売日 2014/12/12
メーカー Huawei
機種名 Huawei Ascend Mate7
対応周波数 LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40
WCDMA : B1/B4/B5/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
OS Android™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI
CPU Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
メモリ 2GB
容量 16GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素 /
画面サイズ 6インチ
解像度 1920x1080 / フルHD / 368ppi / IPS-NEO™液晶
外寸 157 × 81 × 7.9 mm
重さ 185g
バッテリー容量 4100mAh
待ち受け時間
連続通話時間
カラー オブシディアン・ブラック / ムーンライト・シルバー
その他 通信速度 : 受信時最大 : 300Mbps(LTE) 送信時 最大 : 50Mbps(LTE)
テザリング : 対応
セット販売のあるMVNO DMM mobile
U-mobile

Ascend Mate7の特徴

大きな画面でも片手で使いやすくデザインされたAscend Mate7。高価な価格に似合うスペックの高さで話題を集めた1台となっています。2014年のベストスマホとも言われるほど、好評なスマホの特徴とスペックを知ってスマホ選びに役立ててください。

iPhoneやNEXUSを超えるスマホとして人気を集めたのが、Ascend Mate7です。その最大の魅力はやはり大きな画面です。本体サイズは157x81x7.9ミリとコンパクトな形を保ちつつも、Ascend Mate7は大型の6インチディスプレイを搭載しています。ゲームや動画視聴などが快適に行えます。

スマホとしての最高レベルの高速通信、タブレットなみの大容量バッテリー搭載などAscend Mate7は、ハイエンドモデルとなっています。今あるスマホの中でも最高クラスである300Mbpsの高速通信に対応しており、CPUにクアッドコア1.8GHzを搭載するなどスマホの機能に関してトップクラスを誇っています。それでいて重量は185グラムと軽く、片手でも簡単に操作できるとても使いやすい一台なのです。

Huawei Ascend Mate7の口コミ

電池の持ちもいいし、画面も綺麗で、動きもスムーズ。メールに画像を添付するようなちょっとした使い方も使いやすくてオススメです。今のところちょっと大きすぎて持ちにくい以外は不満なしですね。

30代 男性

まず不満点を少し。一番は音が悪いです。モノラルなのか、大きい音だと割れたりするので、動画などで何を言ってるかわからない時があります。しかし目覚ましや着信音などは問題ありません。電話も問題なく、イヤホン使用でも問題ありません。スピーカーだけですね。そしてよしあしですが、大きいです。iphone6が4.7インチですし、更に大きくて持ちにくいかもしれません。その他は最高です。なんといってもディスプレイが綺麗で、画質も綺麗。動きもスムーズで引っかかることもないですし、バッテリーが凄いもちます。最初はZenfone5に惹かれていてZenfone5を買うつもりだったのですが、画面を見たり触っているとMate7がよくなってしまい購入しました。後悔していません。

28歳 男性 会社員

SIMカードランキングはこちら