格安スマホ
完全比較
menu

格安スマホとは?メリット・デメリット、選び方まで徹底解説!

Sim Free

多くの会社が格安SIM業界に参入しているために、価格もお手頃なものになってきました。
SIMを変えるだけで気軽にスマホやタブレットのネット使用料をカットできるとあり、注目なのです。

しかし近日、様々なキャリアが進出してきて「どれにすればいいのか分からない」とう悩みが増えるばかり。

スマホ代を安くできるといっても、キャリアやプランの選択肢が多すぎるので、当サイトで紹介する14社を1社ずつ丁寧に解説していきます。
また、格安SIMの基本的知識からメリットデメリット、キャリアの選び方など網羅的にご紹介します。

SIMフリーとは?

SIMフリー端末という言葉を耳にすることも多くなったと思いますが、SIMフリートはSIMカードのロックが解除されている端末のことで、SIMカードが1枚あればさまざまな端末に同じカードで利用することができるのです。

SIMカードとは?

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_m

SIMカードとは、所有者を特定するID番号が書かれたIC カードのことで、スマホや携帯電話を使って通信を行う際に必要なもの。SIMカードがなければ4GやLTEなどの電波を使用したデータ通信、音声通話などが行うことができません。

SIMカードの種類

SIMカードにも3種類あり、利用する機種によって対応するSIMカードが違います。

SIM3種

miniSIM、microSIM、nanoSIMの3種類。
<span class=”pen”>iPhoneシリーズは5以降のモデル全てがnanoSIMサイズです。</span>
申し込む際にSIMカードのサイズを間違えてしまうと変更手数料がかかってしまうので注意です。

格安SIMって?

格安SIMとは、「MVNO(Movile Virtual Network Operator)」と呼ばれる事業者が大手キャリアの通信設備を借り受けて提供している格安のSIMカードのことです。

通信設備を持つ事業者を「MNO(Mobile Network Operator)」と呼び、その通信設備を借り受ける事業者を「MVNO」と呼びます。
つまり、NTTドコモやKDDI、Softbankなどの大手通信キャリアから回線を借り受けて、安く提供されているものが格安SIMです。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットはもちろん、格安というだけあって月々の料金は3大キャリアよりも断然安いです。
プラン数もとても豊富なので、自分に合わせたプランを選びやすい点もポイントが高いです。またMVNOによってはプラン変更が容易にできるのもGood。

3大キャリアの最大の欠点「2年縛り」がMVNOにはなく、最長でも12カ月、短くて6カ月なので、他社への乗り換えも気軽にできます。
中には最低利用期間や解約金なしのMVNOもあるので、お試しで利用したい方にもおすすめです。

格安SIMのデメリット

利点だけでなく欠点も存在します、人によっては致命的なものもあると思うのでしっかり確認しましょう。

格安SIMはキャリアメールが使えません、以前まで利用していた@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpが使用できなくなるので、予めGmailなど登録しておくことが必要です。
キャリアメールが使えないという事はもちろん、キャリア決済、年齢確認などもできません。
年齢確認ができないとなると、LINEでID検索ができなくなります。LINEをメインに使っている人には致命的欠点となるでしょう。

また、格安SIMは大手キャリアと比べて、通話のサービスが整っておらず「かけ放題」などのプランがあるMVNOは数少ないです。

そのほかにも「通信速度が3大キャリアと比べて安定しない」「デザリングがで利用できない場合もある」「支払いはクレジットのみ」など、様々な欠点があるので事前に抑えておきましょう。

格安SIMの種類と選び方

音声通話パックならどこがおすすめ?

BIC SIMミニマムスタートプランならば、1600円で2GBの使用ができます。余った通信量は繰越ができるので、とても便利です。高速通信が可能なところと、通話料が20円/30秒であることを考えると、かなりお得なプランであるといえます。初めてSIMフリーを利用してみたい!という人でもわかりやすく、使い勝手がいいプランです。

ネットを良く使うならどこがおすすめ?

U-mobile 通話プラスLTE使い放題ならば、高速通信が使い放題なので動画のストリーミングなどにも適しています。それでいて2980円という低価格なので、魅力的なプランとなっています。U-CALLアプリ使用で10円/30秒の通話料ですむので、かなりの低価格です。電話もネットもたくさん使いたいのであれば、おすすめです。スマホとセット販売も種類が豊富なので使いやすいです。

データ通信だけならばどこがおすすめ

データ通信だけで安さを追求するのであれば、エレコムの使い放題プランである780円はおすすめです。300kbpsの通信速度なので、文字だけのサイトなどであればサクサクと進みます。またはDTIの467円のプランは、まさにワンコインで利用できるデータ通信です。

自分が使いたい形に合わせて選ぶ

SIMフリーはどこの会社を選ぶかで、サービスの内容も料金も大きく変わってきます。まずは価格だけを見るのではなく、どのような目的のためにスマホやタブレットを使いたいのか?ということをはっきりと知りましょう。それから自分が大事だと思うポイントに強い会社を選ぶことができます。SIMフリー端末の普及によって、従来の形とは違ったキャリア選びになってきています。

phone