格安スマホ
完全比較
menu

HUAWEI P20 lite

Sim Free
HUAWEI P20 lite

HUAWEIP10 liteの後継機のP20liteが2018年6月15日にファーウェイジャパンから満を持して登場!

機能に関してはHUAWEI P20やHUAWEI P20 proや他のHUAWEIモデルとも共通です。

5.8インチの大画面液晶ながらコンパクトですごく持ちやすく、デザイン性も優れているので、私イチオシの端末です。

発売日 2018/6/15
メーカー HUAWEI
機種名 HUAWEI P20 lite
対応周波数 LTE band :1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 26(850), 28(700), 34(2000), 39(1900), 41(2500)
OS Android™ 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコア(2.36GHz×4+1.7GHz×4)
メモリ 4GB
容量 32GB
カメラ(背面/前面) 背面:1,600万画素 全面:1,600万画素
画面サイズ 5.84inch
解像度 2,280×1,080ドット(フルHD)
外寸 148.6mm×71.2mm×7.4mm
重さ 145g
バッテリー容量 3,000 mAh
待ち受け時間 約350時間
連続通話時間 約1,100分
カラー ブルー/ピンク/ブラック
その他 外部microSDスロット/最大256GB
セット販売のあるMVNO

HUAWEI P20 liteのレビュー

HUAWEIP10 liteの後継機のP20liteが2018年6月15日にファーウェイジャパンから満を持して登場!

機能に関してはHUAWEI P20やHUAWEI P20 proや他のHUAWEIモデルとも共通です。

5.8インチの大画面液晶ながらコンパクトですごく持ちやすく、デザイン性も優れているので、私イチオシの端末です。

実機レビュー:HUAWEI P20 liteの外観

3万円台の低価格ながら、アスペクト比19:9縦長ディスプレイ、2眼レンズ、全面ディスプレイ、ベゼルレスデザイン、ノッチ採用。

低価格なのに意味が分からないレベルのトレンドが抑えられている「HUAWEI P20 lite」を様々な角度からチェックしていきます。

5.84インチの全面ディスプレイ

ベゼルレスなので画面広く確保されており、迫力があります。

ミドルレンジクラスながら、外観も光沢があり、安っぽさがない非常に高級感のある端末です。

 

DSC_0034

全面ディスプレイはiPhoneの様な美しさと迫力がありますね。

ディスプレイ下部にあるHUAWEIのロゴがかなり気に入ってます。

ノッチ

上部にあるノッチは、iPhoneXより小さいのが特徴です。

 

ノッチ

 

ノッチには、フロントカメラ、受話口、照度センサーが内蔵。
小さめのノッチは、フルディスプレイの美しさを体現しています。

iPhoneXのノッチ幅は正直違和感があるので、好きではないですが、このくらいの幅ならディスプレイに上手く溶け込んどいていいですね。

ノッチは設定で、ノッチなしのように表示することも可能です。

USB Type-C採用。

P20lite USBtypeC

 

ボディ下部の電源ポートは待望のUSB Type-Cが採用!

USB Type-Cのコネクトは、上下関係なく、差し込み向きを気にせず接続が可能で、従来のUSBより圧倒的に充電が楽になっています。

上品で高級感のある背面

カラーバリエーションは、著名なアーティストのイブ・クライン氏が発表した「クラインブルー」を参考に着色した、クラインブルーをはじめとする、サクラピンク、ミッドナイトブラックの3色が展開されています。

 

P20lite 背面

 

HUAWEI P20 liteはクラインブルーというイメージがありますが、
高級感あるクラインブルーと変わって、淡いピンク色で上品な仕上がりになっているサクラピンクも良いですね。
女性にはもちろん、男性にもおすすめできますよ。

ダブルレンズ搭載

低価格帯の端末ながら、ダブルレンズを搭載しているのも、HUAWEI P20 lite魅力の1つです。

 

P20lite DualLens

 

レンズは真ん中にあるより、端にあった方が見栄えが良くて好きです笑

気になる持ち心地

スマホを選ぶポイントは機能の良さだけではありません!

筆者が一番大事だと思っているポイントは、持ちやすさです。

 

P20lite

 

持ちやすい…

私は普段iPhone7を使っています。
それに比べると若干縦に長く、多少のずっしり感はありますが、負担はまったくかからないです。

通話時の持ちやすさ

あとは電話ですね…
端末が大きいと耳に当てるのが億劫になるくらい、使いづらいですし、邪魔です。

端末が持ちにくいと、手に負担がかかって大事な話も集中できず、長電話に成ろうことなら切ってしまいたい。
そんな風に思ってしまう事は、少なからず、というか多いと思います。

HUAWEI P20 liteで実験です!
仕事柄電話する事が多いKさんに持ってもらいました。

 

P20lite have

 

「なにこれ、持ちやすい!!!」

頂きました、ありがとうございます。

手に持った時のフィット感も良く、長時間持っていても疲れないです。
これなら仕事やプライベートの大事な話も、無駄な気を遣わず、集中できますね!

HUAWEI P20 liteのスペック

HUAWEI P20 liteの定価は、31,980円と、非常に安く購入できます。

3万円で購入できる端末ながら、非常に優秀な性能と美貌を兼ね備えているので、買わなきゃ損です。

そんなHUAWEI P20 liteのスペックを見ていきましょう。

なんでも無難にこなせるKirin 659 オクタコア

HUAWEI P20 Liteに搭載されているのはKirin659オクタコア。

ざっくり言うと、ヘビーユーザーより一般ユーザー向けのCPU性能です。

一般的に使用する、Webブラウザ、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、Youtubeはもちろん難なくこなします。
ゲームですと、モンスト、クラッシュロワイヤル、パズドラ、PokemonGoなどは快適にプレイが可能です。

ですが、負荷が比較的掛るFGO、デレステ、荒野行動などの3Dゲームのプレイは、画面の切り替え速度の遅さや、タップの反応速度、処理落ちなどが目立ってくるので、 快適にプレイしたい人は避けた方が良いCPUです。

一般的な使用には全く問題はないので、快適に利用できると思います。

必要十分なRAM(メモリ)

全モデルのP10 liteから1GB増量された、4GBのRAMが搭載されています。
現在主流となってるスマホは4GBが多く、一般的に4GBあれば十分です。

CPU、RAM、ROMを簡単に説明すると、
CPUが脳みそ、RAMが机、ROMが、引き出しの多さに相当します。
頭が良くて、机が広いとその分作業効率も格段とあがります。つまり沢山のアプリケーションを同時に起動する事が可能です。

高性能なCPUにはそれ相応のRAMがあったほうが良いと言われていますが、4GBは非常に十分な容量ですので問題はないですね。

ROM(ストレージ)32GBは少ないか…?

HUAWEI P20 liteのROM32GBです。
RAMとROM、非常に似ているので混乱しますが、RAMが机の広さで、ROMは引き出しの大きさです。

ROMには、写真や動画、インストールしたアプリケーションなどを保存する倉庫の役割があります。
ROMの容量が小さいと多くのデータを保管できないので、新たにデータを保存する場合、過去に保存した物をいちいち消去する事が必要になってきます。

個人的な評価ですが、HUAWEI P20 liteのROM容量は、まあまあといったところです。
私は、実際に32GBのスマホを使っていますが。空き容量ギリギリです(汗)
写真も良くとりますし、音楽も入れたり、電子書籍も利用したりしたりします。
アプリケーションは110近くインストールされているので、それだけで14GB程圧迫しております…
私の様に、色々なサービスを利用したりする人には、若干物足りないと感じるかも…

ただし、HUAWEI P20 liteは、最大256GBの外付けのマイクロSDカードに対応しているので、保存する場所を拡張することが可能です。
写真や動画などのデータはマイクロSDを別途購入して保存するのがお勧めですよ。

大容量3,000mAhバッテリー

HUAWEI P20 liteはスマホの中でも、かなり容量が多い3,000mAhのバッテリーです。

動作が重い3Dゲームや、動画を1日中利用しない限りは、日中にバッテリー切れが起こることは、かなり考えにくいです。
LINE、Twitter、Instagra、WEB閲覧など一般的な利用なら1日くらい余裕に持ちます。

わたしのスマホ使用目安として、 通勤時間約1時間20分で、ニュースに約30分、SNSに約10分、ゲームに約40分
お昼の1時間で、SNS約10分、ゲーム約20分、WEB閲覧約30分
帰宅は通勤と同じ利用方法で、自宅に着いた時の充電残量は30%くらいです。

通勤中に動画を見る人など、バッテリーに多少不安がある方は、モバイルバッテリーを持ち歩くことをお勧めします。

わたしの様な一般的な使い方をするならバッテリー切れの心配はないです。

ダブルレンズ搭載のカメラ

低価格帯の端末ながら、デュアルレンズを搭載しているのも、HUAWEI P20 lite魅力の1つです。

背面カメラは、1600万画素+200万画素のハイスペックのデュアルレンズは、フラグシップモデル端末並みのクオリティはでませんが、そこそこに満足できる1枚が撮れます。

顔認証、指紋認証にも対応

ハイスペックスマホに搭載されている、顔認証や指紋認証もHUAWEI P20 liteは対応しています。
自分の顔を端末に登録すれば、ディスプレイオン時に顔を向けるとロックが自動で解除されるので、スムーズにロック解除できますね。

また、背面には指紋認証センサも搭載されているので、ロック解除は更に容易になりました。

ミドルでハイスペックでコスパ抜群の端末

HUAWEI P20 liteは、同価格帯の端末と比べても、デザイン、スペックが優れており、コストパフォーマンスも高い端末です。

低価格で利用したい、日頃ネット閲覧や、SNS、動画視聴の利用がメイン人にはもちろん、iPhoneXの様な先進的なデザインのスマートフォンを持ちたい方にもお勧めの端末となっています。

HUAWEI P20 liteの口コミ・評判

phone