格安スマホ
完全比較
menu

AQUOS sense

Sim Free
AQUOS sense

2017年11月にSHARPから発売されたAQUOS senseは、ドコモ版、AU版、UQモバイル版。更に12月には、SIMフリー版が発売された。

3万円を切る低価格で利用できる、ミドルスペックモデル。

SHARP独自のIGOZOディスプレイはフラグシップモデル並みに綺麗です。

発売日 2017/11/2
メーカー SHARP
機種名 AQUOS sense
対応周波数 docomo版 : LTE: band1/3/19/26 SIMフリー版 : LTE : band1/3/5/8/17/19/26
OS Android 7.1
CPU Snapdragon 430
メモリ 3GB
容量 32GB
カメラ(背面/前面) 背面: 1310万画素 / 前面 : 500万画素
画面サイズ 5インチ
解像度 1920×1080 IGZO液晶
外寸 約W72×H144×D9.4mm
重さ 約148g
バッテリー容量 2700mAh
待ち受け時間 約540時間
連続通話時間 約850分
カラー エアリーブルー、シルキーホワイト、ベルベットブラック
その他 販売場所によって名称が異なる
au版 : AQUOS sense SHV40
docomo版 : AQUOS sense SH-01K
UQmobile版 : AQUOS sense
SIMフリー版 : AQUOS sense lite SH-M05
セット販売のあるMVNO UQmobile

AQUOS senseのレビュー

シンプルな外観

前面背面といたって普通なデザイン。どこかiPhoneを連想する様な外観。

丸みを帯びたボディは、手になじみやすいので持ちやすさ抜群です。

カラー展開は全7色のバリエーションが非常に豊富ですが、販売するキャリアによって限定色があるので注意が必要!
共通色はシルキーホワイトとベルベットブラック、UQmobileはエアリーブルーの限定色を提供しています。

SHARP独自のIGZOディスプレイ

SHARPの十八番であるIGOZOディスプレイ。

5.5インチの画面とFHD+IGOZOディスプレイの搭載で、発色もよく驚くほどに美しい色彩の表現が可能です。

スマホで動画を見る方や、SNSをインスタなど利用する方には、綺麗なディスプレイは非常にうれしいですよね。

日本人に合致した使い勝手

国内メーカーSHARPが長年の歳月をかけて、培った技術を実機に取り入れているので、どんな人でも便利に使っていただけます。

 

今やお馴染みの指紋認証

便利な指紋認証もきっちり採用されています

 

のぞき見防止の機能

電車内など、スマホを見られたくないシーンって結構ありますよね…

AQUOSにはそんな時でも安心の「のぞき見ブロック」機能があります。

少し角度を変えて見るとディスプレイが見辛くなる仕様なので、プライバシーが守られます。拍手。

目に優しいブルーライトカット

長時間ディスプレイを見ていると、目が疲れてきます。
私も最近も電子書籍やブログなどよく見るので、結構疲れます。

AQUOS senseには、長時間ディスプレイを見る人も安心の、リラックスビューがあるので、有効にしましょう!

ブルーライトを抑えてくれるので目に優しいディスプレイになります!

おサイフケータイが使える

地味にうれしいのが、おサイフケータイ対応していることです。
ほとんどの格安端末はおサイフケータイに対応しておらず…非常に便利な機能です。

CPUは平凡

AQUOS senseに搭載されているCPUは、Snapdragon430。

優れたCPUとは言い難く、平凡なCPUです。一般的なユーザーは特に不満なく使える性能なので、問題はないでしょう。
負荷のかかる3Dゲームは快適にできる性能ではないので、高度なゲームがしたい方向きではありません。

一般的な脳みそと容量

AQUOS senseのメモリは3GB。データ容量は32GB。

可もなく不可もなく、多すぎず少なすぎず、平均点といったところでしょう。

メモリは2GBあれば十分と言われています。32GBの容量はアプリをたくさん入れても余裕があります

AQUOS senseのまとめ

AQUOS senseは一般ユーザーが使うには十分すぎる性能です。

何より、日本製のSHARP産という事もあって使いやすさは、他の端末と比べてもAQUOS senseに軍配が上がります。

価格も3万円台と非常にリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れた端末となっています。

AQUOS senseの口コミ・評判

phone